長谷川 俊英         家計の見直し相談センター


by seikatsu4

愛知県の高校の「難関国公立10大学合格者数」を調べてみた

夏の甲子園高校野球大会では、今熱戦が繰り広げられていますが、愛知県大会においては刈谷高校が準優勝、豊田西高校がベスト4と三河の公立の進学校が活躍しました。

三河地区の進学校といえば、岡崎高校が全国の公立高校の中で東大合格者数がトップになるなど、躍進ぶりが目立っています。
そこで、中学生を子に持つ親として、愛知県の高校の現状がどうなっているのか気になったので調べてみました。
e0180752_17235863.jpg

この結果を見ると、私が現役だった頃(ずいぶん昔になりました)に比べ、名古屋市郊外の高校が上位に来ているようです。

西三河地区の岡崎、刈谷、豊田西が伸びているのは、トヨタ系の会社に勤める会社員の家庭が教育に力を入れていることや近くに有力私立がないためではないかと想像できます。

また、東海高校へ子供を通わせている知人が 「学校の実力は医学部の合格者数もみる必要があるよ」 と言っていたのを思い出したので、それについても調べたところ、
東海96名、滝33名、旭丘26名、南山25名、岡崎16名、明和10名・・・
となっていました。(サンデー毎日2009.4.26号 国公立医学部合格者数-卒業生も含む)

さすが当事者からのお言葉。東海や滝など私学が強いですね。
お医者さんが子息を東海高校に通わせることも多いようなので、このような結果になるのでしょう。

まぁ、進学校に通うのがいいのかどうかわかりませんが、勉強に部活に頑張れ我が息子よ!

 --------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
生命保険・住宅購入・住宅ローン・家計の見直しの有料での相談は、家計の見直し相談センターへ(愛知県・名古屋市・岐阜県・三重県エリア)
[PR]
by seikatsu4 | 2009-08-21 18:00 | 子育て&教育