長谷川 俊英         家計の見直し相談センター


by seikatsu4

愛知県の高校の「難関国公立10大学合格者数」を調べてみた (2010年版)

我が家の長男も中学2年生になりましたので、昨年に続き高校別の大学合格状況
を調べてみました。

昨年よりは緩和されていますが、やはり名古屋市郊外の高校の方が
「難関国立10大学」への合格者ではいい結果を出しているようです。
e0180752_1848556.jpg

特に、西春高校、五条高校は、名古屋市内の同レベルの高校と比べ多くの合格者
を出していますし、豊田西高校も向陽高校や瑞陵高校を合格者数で上回っています。

名古屋市郊外の学校の方が、パフォーマンス (出るときの学力/入るときの学力
=合格者数/入学時偏差値)
はかなりいいようです。

名古屋市の高校は、「放任主義」だということを聞きました。
各校のHPを見ても、郊外の学校には補習や夏期講習の案内があるのに、市内の
学校にはあまりありません。
実際、私も随分昔に名古屋市の高校に通っていましたが、補習はなかったように記憶
しています。特に私の母校は放任主義が顕著で、途中で帰ってしまう子がいて職員会議
で問題になった時に、古参の先生(漢文の先生だったかな)が「そんなのはその子
の自由じゃないか」と言ったり、先生が授業をできないと休講にしてみんなでボーリング
に行ったりと、先生は生徒を信頼して、随分大人の扱いをしてくれていたように思います。

ただ、子供の事を考えれば、多少自由を制限されてもパフォーマンスに勝る郊外の
高校の方がいいのかなと、息子の意見や学力は置いておいて勝手に考えています。

 --------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
生命保険・住宅購入・住宅ローン・家計の見直しの有料での相談は、家計の見直し相談センターへ(愛知県・名古屋市・岐阜県・三重県)
[PR]
by seikatsu4 | 2010-11-23 18:57 | 子育て&教育