長谷川 俊英         家計の見直し相談センター


by seikatsu4

<   2011年 03月 ( 4 )   > この月の画像一覧

次男が4月から中学生になり、いろいろ出費がかさみます。

忘れないうちに、中学校入学までにかかったお金を書き出しました。ご参考まで。

   制服(冬用)   34000円
   通学用靴(2足)  6000円
   ジャージ      8000円
   体操服       9000円
   通学かばん     8000円
   体育館シューズ   3000円
   上履き       2000円
   レインコート    5000円

   通学用自転車   46000円
-------------------------
   計       121000円

こうして見ると、制服・レインコート・ジャージ・体操服など学校指定に近いものは、
割高になっています。ここにも競争原理が働いてくれるといいのですが...

自転車も親のものと比べて高いです。
これは、他の子と比べてみすぼらしくならないようにという、親の心理をつかれた
価格設定ですね(泣)

 ---------------------------------------------------------------------------------------------------------------
生命保険・住宅購入・住宅ローン・家計の見直しの有料での相談は、家計の見直し相談センターへ(愛知県・名古屋市・岐阜県・三重県エリア)
[PR]
by seikatsu4 | 2011-03-26 18:48 | 子育て&教育
東日本大震災の被災者を支援する台湾テレビのチャリティー番組で、25日までに
計13億353万台湾ドル(約35億6700万円)の義援金が集まった。台湾の
政府・民間団体に寄せられた義援金総額は約17億台湾ドル(約47億円)になった。
(3月25日 毎日新聞)


台湾の一つの番組で35億円を超える義援金が集まるなんて!

ずっと前(20代の頃)に3度程台湾へ出張して、哈台族(*)となった私としては、
「嬉しい」とか「信じられない」を通り越して感動すら覚えます。
(*日本を好きな人のことを哈日族(ハーリーズー)というそうです)

この記事では、1999年の「台湾大地震」で日本が最多の145人の救助隊を派遣し、
義援金も一番多い約33億円だったことも紹介されています。

国連の潘基文事務総長が、
「日本は今まで世界中に援助をしてきた援助大国だ。今回は国連が全力で日本を援助する」
とコメントをしたり、
歌手のシンディー・ローパーさんが、
「日本は、これまで世界中の困っている人を助けてきた。だから今回はみんなで日本を助けたい」
とコメントをしているのを読んで、今まで日本もいいことをしてきたんだなと再認識しました。

今回の震災は非常に大きな被害をもたらしていますが、これを機会に日本と世界の
距離がずっと縮まるといいですね。
[PR]
by seikatsu4 | 2011-03-25 16:18 | 日々雑感
東北地方太平洋沖地震が発生した、3月11日午後2時46分に私は、名古屋事務所で
家計診断の資料作成をしていました。ここはビルの10階にあるのでゆらゆらと随分
長い間揺れていました。

当初のYahooニュースでは、震度7で死者20名程ということでしたが、その後の
週末のテレビでは、津波が家を飲み込んでいく生々しい映像が映っていたり、犠牲者
が1万人を超えるだろうと発表されるなど、被害の大きさがわかってきました。
本当に1人でも多くの安否不明の方が無事で戻ってこられることを祈るばかりです。

愛知にいて何か役に立てないかと、節電に協力しようと思いましたが、東北・関東と
中部では周波数が異なるため節約した電力が回せないとわかり残念でした。
(明治時代に東日本ではドイツから発電機を採用し、西日本ではアメリカから発電機
 を採用したからだそうです。)

これから被災地の復興に向けた巨額の資金(税金と民間の資金)が必要となってきます。
また、被災地の産業の壊滅、首都圏の計画停電や鉄道の運休による、今後の日本経済へ
の大きな影響が懸念されます。

被災地から遠く離れ、この震災でダメージを受けていない私達にできることは、Jリーグ
の試合の中止や外食を控えるなどで自粛するのではなく、今はしかっりと生産・消費を
行って、企業やお店に収益を上げてもらい、給料もしっかりと得て、経済を停滞させないこと。
それにより復興のための資金・税金を作っていくことだと思います。

あとは、一人一人無理のない範囲で義援金を送ることでしょうか。
[PR]
by seikatsu4 | 2011-03-14 19:26 | 日々雑感
以前、愛知県の高校の「難関国公立10大学合格者数」を調べてみたの記事の中で、

名古屋市内の高校は「放任主義」で、名古屋市郊外の学校の方が、パフォーマンス
(出るときの学力/入るときの学力=合格者数/入学時偏差値) はかなりいい。


と書きましたが、先日県内の現役高校教師の方とお話しする機会がありましたので、
実際どうなのか聞いてみました。

その方は、三河→名古屋市郊外→名古屋市内の高校で教鞭を取られた方ですが、

三河地区には予備校があまりないので、補習や夏期講習など、高校がその代わりを
担っているのではないか。保護者もそれを期待していて学校への信頼も厚い。
規則も、三河の学校は厳しくて名古屋市内の学校はずっと緩い。


とのことでした。予備校の代わりを高校が行っているというのは新しい発見でした。


「名古屋の東側の地域から通えるいい学校(能力を伸ばしてくれる学校)がないんだよねぇ」
と同じ地域に住む知人が言っていたのを、子供が中学2年生になって実感するようになりました。

高校生の自主性に任せ、自由な名古屋市の学校もいいですが、

優秀な生徒の学力を更に上げる、三河の岡崎高校・刈谷高校・豊田西高校や
中堅の生徒の学力をハードな勉強で伸ばす、尾張西部の五条高校・西春高校

のような選択肢も名古屋市内の高校に作ってもいいのではないかと思う今日この頃です。

 ---------------------------------------------------------------------------------------------------------------
生命保険・住宅購入・住宅ローン・家計の見直しの有料での相談は、家計の見直し相談センターへ(愛知県・名古屋市・岐阜県・三重県エリア)
[PR]
by seikatsu4 | 2011-03-08 18:53 | 子育て&教育