長谷川 俊英         家計の見直し相談センター


by seikatsu4

家計の節約法(3) 住む地域を考える

どこに住むかによっても生活費は変わってきますよね。

今回はポイントを4つ挙げてみます。

・ 子どもの医療費
・ 交通の便
・ 学区
・ スーパー


子どもの医療費
中学卒業前まで、入院・通院の医療費が無料になる自治体が増えてきました。
我が家では、子どもの医療費に年間10万円近くかかっていたので大助かりです。

(しかし客観的に考えると無料ではなく、1割は負担するようにした方がいいのでは
 ないかと思います。気軽に病院にかかってしまうモラルリスクもあるし、窓口では
 領収書も発行されず診療報酬がいくらかかったかもわからないので。)

交通の便
2台目の車が必要なければ大きな出費が抑えられます。
高校・大学の通学費用も変わってきます。

学区
私の友人や友人の子どもには、学校が荒れているという理由で中学から
私立に行った人が何人もいます。

私は、4年前に千葉県から愛知県へ戻って来る時に、2つの小学校を見学し
教頭先生からも話しを聞かせていただいて学区を決めました。
今の小学校は、住民参加で作られた学校で全国からも見学者が訪れるためか、
選ばれた先生が赴任されているようなので(←あくまで噂です)満足しています。

ただ難しいのは、小学校に上がる前や小学生での転校の時に中学校の評判が
わかるかということと、評判も年によって変わってくるということです。
実際、地元の中学校は、以前修学旅行でミッキーマウスを噴水に落として以来、
ディズニーランドに出入り禁止になっているそうです。(汗)
今は落ち着いて先生も熱心ないい学校のようです。

スーパー
これは主婦の方のほうが詳しいと思いますが、近くに安くて品もいいスーパーが
あると家計は助かりますよね。
千葉県に住んでいる時に、近くにオーケーストアが出来て初めて行った時には感動しました。
今でも大ファンです。
愛知に戻ってきてからは、オーケーがなくて寂しい思いをしていましたが、最近カネヤス
というスーパーできて、我が家のお気に入りになっています。

 --------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
生命保険・住宅購入・住宅ローン・家計の見直しの有料での相談は、家計の見直し相談センターへ(愛知県・名古屋市・岐阜県・三重県エリア)
[PR]
by seikatsu4 | 2009-11-21 17:43 | 自己流 家計の節約法